482226

IWA、内灘協会スケジュールアップしました!

IWA、内灘協会スケジュールアップしました!

〇IWAのスケジュールページ

〇加賀百万石ツーデーウオークページ
・「しあわせ発見「良縁祈願」ウオーク
・「親子で歩く、歩育コース」
〇IWA歩育ページ
・三世代の集い「手つなぎウオーク」

〇石川県内のスケジュールページ
・内灘ウオーキング協会「第10回ロマンチックウオーク」

IWA共催「中能登町(旧鹿西町)を歩く」が開催された!

190413iwa-1

IWA共催「中能登町(旧鹿西町)を歩く」が開催された!

石川県ウオーキング協会・中能登町歩くmy会共催は4月13日(土)能登部駅発着の「中能登町(旧鹿西町)を歩く」を130名の参加者で開催した。

■写真は開会式であいさつする大路IWA会長

190413iwa-2

■写真は歓迎のあいさつの杉本町長

190413iwa-3

開会式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、杉本栄蔵中能登町町長が歓迎のあいさつ、星場與一中能登町歩くmy会会長が歓迎のあいさつを行いラジオ体操後、杉本町長などの見送りで9時40分ごろスタートした。

■写真はスタートする参加者

190413iwa-4

■写真は旧道の参加者

190413iwa-5

旧道を進み、能登部神社経由本土寺で休憩。山道を登り雨の宮古墳群を目指し、1号古墳、2号古墳に到着。能登王墓ボランティアガイドの会の方に2班に分かれて説明を聞いた。その後、雨の宮能登王墓の館を町長特別のはからいで無料見学して集合写真撮影し下山。

■写真は本土寺の参加者

190413iwa-13

■写真は雨ノ宮古墳に向かう参加者

190413iwa-15

■写真は第一号古墳

190413iwa-19

能登部神社で休憩し、旧道を進み、急な登坂を、日本一最古のおにぎり発掘地杉谷チャノバタケ遺跡に到着。ここでもガイドさんの説明を聞き、手取川ダムの水を能登島まで運ぶポンプ場工事で遺跡が発見されたとの話を聞いた。その後健康ハウス憩い経由、能登部駅に13時半ごろゴールした。

■写真は第二号古墳

190413iwa-22-500

素晴らしい天候に恵まれ、初めての中能登町歩くmy会との共催で中能登町の古墳時代の歴史の思いを馳せて楽しく勾配のあるウオーキングにいい汗を流しました。

■写真は雨の宮能登王墓の館

190413iwa-23

■写真は下山する参加者

190413iwa-26

■写真は杉谷チャノバタケ遺跡の参加者… Continue Reading

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク③」が開催!その2

190413iwa-8

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク③」が開催!その2

□ 2019’4月10日(水)石動駅→福岡→高岡→大門→小杉駅(27キロ)

4月10日石川県ウオーキング協会は東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク③」をあいの風とやま鉄道石動駅において参加者90名で開催した。

■写真は高岡市福岡の道標

190413iwa-9tera

■写真は福岡の参加者

190413iwa-10

〇旧北陸道往還の松跡

旧北陸道往還の松跡藩主が参勤交代に用いた北陸道は、往還と呼ばれ、横田町(現千石町)で高岡に入る。ここには明治時代まで、往還道の目印である松並木が残っていた。

■写真は旧北陸道往還の松跡

190413iwa-11supo

■写真は昼食後ボールパーク高岡スタートの参加者

190413iwa-12

〇高岡古城公園

加賀藩2代藩主、前田利長によって築かれた高岡城の城址です。慶長14年(1609)、利長は大火に見舞われた富山城に代わり、加賀・能登・越中の中心に位置する関野(せきの)の地に居城と城下町を移し、高岡城と命名しました。縄張り(設計)を担当したのは、築城の名手と謳われた高山右近と伝えられています。
*今回は高岡宿、金町や古城公園を通らずショートカットしました。

■写真は高岡市和田西光寺の参加者

190413iwa-13

■写真は高岡駅スタートの参加者

190413iwa-14

■写真は庄川を渡る参加者

190413iwa-15

〇小杉宿その1

小杉宿に入る旧北国街道は小杉高校の西に三ケの一里塚があり、小杉高校の門を入り50メートル位のところで右に曲がると小杉宿になる。つまり、旧北国街道は小杉高校のグランドの中となる。

■写真は小杉宿新町の参加者

1日中雨の降る天候の中福岡駅、高岡駅で約20名が中断したたが、約60名が小杉駅にゴールした。藩政期の参勤はこれより多い平均約40キロを重い荷物を担ぎ13日も続けて歩いた体力に驚くばかり!!
小杉駅から石動駅まで電車で帰りましたが約25分!!約7時間半で歩いたところを各駅停車でこの時間。文明の利器に感謝です??

190413iwa-16

■写真は小杉駅到着(16:30)

(つづく)

 

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク③」が開催!その1

190413iwa-1gen-500

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク③」が開催された。

□ 2019’4月10日(水)石動駅→福岡→高岡→大門→小杉駅(27キロ)

4月10日石川県ウオーキング協会は東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク③」をあいの風とやま鉄道石動駅において参加者90名で開催した。

190413iwa-2
この企画は、来年の東京オリンピック開催までに金沢城を3月13日にスタートし来年6月に江戸本郷上屋敷ゴールする。江戸期に加賀藩が参勤・交代の通った旧北国下街道経由、中仙道の約500キロを23日間で歩く計画。

天気予報によると降水確率午前90%、午後80%。最高気温8度の中約90名があいの風とやま鉄道石動駅に集合した。

竿下るり子さん指導のストレッチを行い、大路孝之石川県ウオーキング協会会長のあいさつ。松林知一IWA専務理事がコース説明を行い、くれぐれも体調管理し、途中駅が4つありますので中断してくださいと案内し、9時前にスタートした。

190413iwa-3

■写真はあいの風とやま鉄道石動駅(スタート8:55)

190413iwa-4

〇石動宿本陣跡

今石動は城下町の成立時から倶梨伽羅(くりから)峠をひかえた交通の要衝として宿場の機能を有していた。江戸中期になり御旅屋は廃止され、民家を本陣として使用するようになった。

■写真は石動宿の参加者

20130526seri-itriduka1

〇芹川一里塚跡

芹川集落の北側に一里塚跡が奇麗に整備され、街道の要所をあらわす六地蔵が建てられている。

■写真は芹川一里塚跡

190413iwa-5

190413iwa-6

■写真は荒川公民館をスタートする参加者

190413iwa-7

〇勅使桜跡

戊辰戦争(明治政府を樹立した薩摩藩・長州藩・土佐藩らを中心とした新政府軍と旧幕府が戦った内戦)の際に京から江戸を目指した官軍1700名が休憩したところという。村民がこれを記念して桜を植えたのだという。

■写真は勅使桜跡

(つづく)

IWA「老人福祉センター鶴寿園お花見ウオーク」開催!

190406iwa-2

IWA「老人福祉センター鶴寿園お花見ウオーク」開催!

4月6日(土)石川県ウオーキング協会は鶴寿園発着の共催行事「老人福祉センター鶴寿園お花見ウオーク」を60名の参加者で開催した。

190406iwa-1

開会式では水出吉博鶴寿園館長、大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、コース説明、ストレッチして午前9時半ごろスタートした。

190406iwa-3

額中学校前を通り高橋川遊歩道、あすなろ公園で休憩。馬替上橋、殿屋敷公園で休憩。満願寺川遊歩道、伏見川堰堤、寺地なかよし公園と高尾中央公園、額せせらぎ公園で休憩を取り鶴寿園にゴールした。
今年は快晴で桜も満開の少し前で最高のコンディションとなり、子供たちも3名の参加で楽しくさわやかな汗を流しました。

190406iwa-4

190406iwa-5

□コース(12キロ)
鶴寿園~高橋川遊歩道~あすなろ公園~馬替上橋(6Km分岐)~ 殿屋敷公園~満願寺川遊歩道~伏見川堰堤~寺地なかよし公園~高尾中央公園~鶴寿園ゴール

190406iwa-7

190406iwa-8

■情報・写真提供:IWA広野正芳 氏

 

「内灘ロマンチッウオーク」第1回実行委員会が開催された!

190404uti-2
第10回記念大会「内灘ロマンチッウオーク」第1回実行委員会が開催された!

4月4日(木)内灘町町民ホールにおいて第10回記念大会「内灘ロマンチッウオーク」第1回実行委員会が開催された!

190404uti-1

七田稔実行委員長・内灘ウオーキング協会会長が開会の辞を述べ、川口克則会長・内灘町町長があいさつし、健康寿命を伸ばしましょうと話した。神田享勉顧問・金沢医科大学学長があいさつし、七田実行委員長が議長を務め議事に入り、第1号議案 事業計画(案)、第2号議案 収支予算(案)が審議され承認された。最後に津田龍佑新副会長・金沢医科大学 准教授が閉会の辞を述べて閉会した。

190404uti-3

概要は5月19日(日)内灘町庁舎前広場で開催され、内灘ロマンチックロード12キロ、アカシアコース8キロ、ふれあいコース4キロの3コース。町民ホールでは「金沢医科大学・ふれあい健康フェア」、「内灘町特産品・飲食ブース」も同時開催される。

 

IWA「第1回評議員会」を開催!!

190405iwa-1

IWA「第1回評議員会」を開催!!

石川県ウオーキング協会は4月4日(木)石川県平和庁舎において2019年「第1回評議員会」を開催した。

冒頭大路孝之石川県ウーキング協会会長があいさつし、3月より開催している東京2020応援プログラム「金沢~東京参勤ウオーク」と第16回加賀百万石ツーデーウオークへの参加とスタッフ協力を求めた。

190405iwa-3

新執行体制と新評議員の紹介を行い、参加の新任者があいさつをし、議事に入った。加賀百万石ツーデーウオークの現況報告とスタッフ協力をお願いした。東京2020 金沢~東京参勤ウオークでは1回目は105人、2回目
は118人で予想以上の参加者で、順調に開催されている報告した。その他意見交換を行い閉会となった。

190405iwa-4

 

IWA 2019年「第2回理事会」が開催された!

190404iwa-1

IWA 2019年「第2回理事会」が開催された!

石川県ウオーキング協会は4月3日(水)石川県平和庁舎において2019年 「第2回理事会」を開催した。

冒頭大路孝之理事があいさつし、議長を勤めて議事進行を行い、第1号議案 会長(代表理事)の選出を行い、大路孝之氏が2期目会長に選出された。第2号議案副会長、専務理事、常務理事および役員の任務について、提案され承認された。
新任副会長に津田龍佑氏、新事務局長に小林昇太郎氏、新事務局次長・組織委員長に浅井豊樹氏、新歩育・結婚支援委員長に向出圭吾氏が選出された。

190404iwa-2

また、新事業委員会副委員長に小松隆氏、愛宕清氏、新企画・広報委員会副委員長に石黒高志氏、寺西一雄氏、新組織委員会副委員長に中塚稔氏、新家俊一氏、新指導委員会副委員長に俵政昭氏、吉川あき江氏、新歩育・結婚支援副委員長に藤本信子氏、中野政江氏が選出された。各氏の任期は令和3年3月末までの2年任期となる。

なお、新任理事で小松ウオーキング協会会長西川勉氏、野々市ウキウキウオーキング会長山本義昭氏が参加された。

 

KWA「辰口丘陵公園を歩く」開催された。

190331kwa-1

KWA「辰口丘陵公園を歩く」開催された。

3月31日(日)小松ウオーキング協会は能美市役所発着で「辰口丘陵公園を歩く」を60名の参加者で開催した。
受付は強い風の中となり、開会式前には横なぐりの雨・あられが数分間吹き荒れ、心配しましたが、開会式からは風も無くなり、傘をささずのスタートとなった。

■写真は開会式の参加者

190331kwa-2

■写真は

190331kwa-3
最初は能美市博物館図書館で小休憩を行い、のみでん広場で旧北鉄能美線で使用されていた、電車と保線用工事貨車が展示されていますが、近くで工事があり、乗車は出来なかった。
その後、旧能美線跡地に植樹された桜並木を約3キロ位進み、満開の中を進めたはずですが、少し早過ぎました。

■写真は旧能美線跡地での参加者

190331kwa-4

■写真は丘陵公園の参加者

190331kwa-5

能美市スポーツセンターにて着小休憩後、辰口丘陵公園では外周道路一周で、池の白鳥型の乗り物(?)を見て数が少ないのはシベリアへ帰った?の説明に大笑いしました。
雨具の出番がほとんど無いことを、互いに喜び合いながら、元気よく能美市役所にゴールした。

■写真はゴールの能美市役所

情報・写真提供:KWA村中勝二 氏

 

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク②」が開催された。

190327iwa-1-500

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク②」が開催された。

3月27日石川県ウオーキング協会は東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク②」を津幡駅において120名の参加者で開催した。

この企画は、来年の東京オリンピック開催までに金沢城を3月13日にスタートし来年6月に江戸本郷上屋敷ゴールする。江戸期に加賀藩が参勤・交代の通った旧北国下街道経由、中仙道の約500キロを23日間で歩く計画。

■写真は津幡駅での集合写真

190327iwa-2-500

2日目は津幡駅から、倶利伽羅峠越えで石動駅までの17キロのコース。出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、松林知一専務理事がコース説明し午前9時過ぎにスタートした。

■写真は津幡駅をスタートした参加者

190327iwa-2-2500

津幡宿本陣跡の近く弘願寺で休憩し、道の駅倶利伽羅源平の郷に到着。竹橋宿は間の宿で休憩に利用されたようだ。これより歴史街道「倶利伽羅峠」に入り、江戸期の雰囲気の残る山越え、倶利伽羅峠を目指して龍ヶ峰城跡公園に到着。山頂には山城龍ヶ峰城跡があった。その後、12時過ぎに創建は養老2年(718)と言われる倶利迦羅不動寺に到着。

■写真は弘願寺をスタートする参加者

190327iwa-3

■写真は竹橋宿の参加者(各家玄関にはカエルの置物がある)

190327iwa-4-500

■写真は竹橋の峠を登る参加者

190327iwa-5-500

■写真は休憩後スタートする参加者

190327iwa-6-500
〇歴史街道「倶利伽羅峠」

砺波山は小矢部市と津幡町との間に位置する倶利伽羅山の古称。広義には、付近の矢立山、源氏ケ峰、国見山なども含める。古くから交通の要所であった。今から約800年前、源平の争乱のころ、木曾で挙兵し勢力を伸ばす木曾義仲と都から侵攻した平維盛の軍が越中と加賀の国境砺波山で戦う、これが平家物語にも記される倶利伽羅合戦である。

■写真は倶利伽羅不動に到着

190327iwa-7-500

■写真は古道の参加者

190327iwa-8-500

■写真は火牛の計モニュメント

昼食タイム後ストーとして木曽義仲の火牛に計で有名な倶利伽羅古戦場を通り、江戸期のイメージを残す石坂、砂坂を下り埴生護国八幡神社で休憩を取り、石動宿を通り午後2時半に石動駅にゴールした。

190327iwa-10-500

風は強かったが天候に恵まれ、標高265メートルの峠越えにもかかわらず”中能登町歩くmy会から20名の方も参加され、盛大な参勤ウオーク2日目となった。
■写真は埴生護国八幡神社をスタートする参加者

Continue Reading