769588

◎参勤ウオークは順延します

◎参勤ウオークは順延します

新型コロナの第6波襲来で1月19日に予定していた参勤ウオーク20日目の実施を急きょ取りやめました。このため今後の日程を以下の通り変更します。ただし、実施当日までに首都圏の「まん延防止等重点措置」が解除され、かつ石川県にも発令されていないことが前提条件です。感染拡大が収まらない場合はあらためて日程を組み直します。

■20日目(本庄駅→熊谷駅)1/19⇒2月22日(火)に順延。ただし重点措置が2月末まで延長された場合は予備日として3月2日(水)を想定

■21、22日目(熊谷駅→北本駅→大宮駅)2/15、2/16⇒3月15日(火)16日(水)に順延

■23、最終日(大宮駅→浮間舟渡駅→赤門ゴール)3/15、3/16⇒4月12日(火)13日(水)に順延

◎19日の参勤ウオークは中止します

◎19日の参勤ウオークは中止します

オミクロン株の感染が想像を絶する速度で急拡大しています。首都圏には来週中にも「まん延防止等重点措置」が発令されそうです。このため、1月19日(水)に予定していた参勤ウオーク20日目(本庄宿→熊谷宿)は中止します。参加を予定されていた方には直前の決定でご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了解ください。切符やホテルのキャンセルを忘れずにお願いします。今後の日程変更については、あらためてお知らせします。

◎200回記念「1月例会」を開催

IMG_6027出発式-500

石川県ウオーキング協会の2022年最初の例会「新春ウオーク」は1月9日(土)、白山市の市役所鶴来支所を発着点に開催し、106人の参加者が白山比咩神社と金剱宮に参拝して今年一年の健康とコロナ退散を祈願しました。

(写真)出発式IMG_6032出発-500

(写真)出発する参加者

この日は時々雨が降る天気でしたが、大雪で中止となった昨年の1月例会のことを思えば歩けるだけでもありがたく、参加者は雨具の完全装備で鶴来の町を踏みしめました。ただ、歩道の一部に雪が残っていたため、当初予定していたコースを大幅にショートカットしました。

鶴来の町を歩く20220109

(写真)鶴来市街の参加者

IMG_6034菊姫前-500

今回の例会はちょうど200回目という節目に当たり、またお正月でもあることから、事前申し込みの参加者にはささやかなお年玉(菊姫の1合瓶)がプレゼントされました。

(写真)菊姫前の参加者

白山さん20220109

ちなみに第1回例会は協会設立前年の2001年11月3日に「キックオフ例会」として開催され、22人が金沢市民芸術村から犀川雪見橋までの往復10キロを歩いています。また、100回目の記念例会は2013年9月22日に第1回と同じコースで実施されました。

(今回のコース)白山市役所鶴来支所→白山比咩神社→金剱宮→鶴来支所

(写真)白山比咩神社で

IMG_6036金剣宮-500

次回2月例会は2月27日(日)午前8時30分に金沢駅もてなしドーム地下広場集合で「金沢の石造物探訪ウオークpart1」を実施します。

(写真)金剱宮の参加者

◇写真提供:愛宕清氏 写真、記事提供:松林知一氏

 

〇会報七尾ウオーク、スケジュールアップしました!

〇会報七尾ウオーク、スケジュールアップしました!

○IWAウオーキングだより、七尾ウオークページ

○石川県内スケジュールページ

◎参勤ウオーク、埼玉県に突入

高崎駅20211208

◎参勤ウオーク、埼玉県に突入

参勤ウオークの19日目は12月8日(水)、44人が群馬県の高崎駅から埼玉県の本庄駅までの22キロを歩きました。加賀の国をスタートし、越中、越後、信濃、上野とたどってきた旅路は今回ついに最後の武蔵の国に入り、ようやくゴールが見えてきました。

(写真)高崎駅の大ダルマ前で

倉賀野の追分

今回のコースは当初、11月にツーデーで実施の予定でしたが、コロナ禍で再開が1カ月遅れとなったため、予定していなかった師走の日帰り実施となりました。

(写真)倉賀野宿の追分。右が中山道、左は日光例幣使街道

烏川の自転車道

あいにくの雨空でスタート時からカッパを着ての歩行となりましたが、幸い風もなく気温も暖かかったため、予定どおり午後3時に本庄駅にゴールすることができました。

(写真)烏川の自転車道を行く

スリーデー発祥の地20211208

 

途中、新町宿の手前で思いがけず「日本スリーデーマーチ発祥の地」の記念碑を見つけ、この先も元気で歩き続けられることを願って記念写真を撮りました。

(写真)「日本スリーデーマーチ発祥の地」の記念碑前で

新町宿行在所公園

 

昼食は新町宿の中心部、明治天皇の行在所跡地につくられた「行在所公園」で取りました。雨の中での食事となりましたがユニークなとんがり屋根の四阿があり、助かりました。

○コース

高崎駅(中山道高崎宿)→倉賀野宿→新町宿→本庄駅(本庄宿)

(写真)雨の中、明治天皇の行在所公園で昼食=新町宿

神流川を渡る20211208

次回、20日目の旅は1月19日(水)、本庄宿から熊谷宿までの25キロを歩きます。

(写真)神流川を渡り埼玉県に入る

◇写真・コメント提供:松林知一氏

 

◎12月例会「芭蕉の道・小松を歩く」を開催

IMG_5975出発式

(写真)出発式

◎12月例会「芭蕉の道・小松を歩く」を開催

石川県ウオーキング協会の12月例会「芭蕉の道・小松を歩く」は12月4日(土)、小松市のJR小松駅を発着点にした約10キロのコースで開催されました。

IMG_5979集合写真

この日は雨が降り時折強い風も吹き付けるあいにくの天気でしたが、2021年の納会ということで60人が参加。芭蕉の足跡をたどって小松の町並みを訪ね歩きました。

(写真)こまつの杜の大型重機前で記念撮影

IMG_5987菟橋神社

コース上には芭蕉の句碑や記念碑が数多く建立されており、参加者は碑の文字を読み上げて俳聖の句をあらためてかみしめました。建聖寺では小松市の文化財に指定されている芭蕉翁の木像を特別に拝観させていただきました。

(写真)菟橋神社

IMG_5981小松城天守台500

(写真)小松城天守台

IMG_5989すわまへ芭蕉公園

天気が悪かったので、当初予定していた小松天満宮はショートカットしました。次回は2022年1月9日(日)、200回記念例会として白山比咩神社に参拝します。

(写真)すわまへ芭蕉公園の句碑を鑑賞

IMG_5992建聖寺木像

○コース

小松駅→こまつの杜→小松城天守台→市役所前緑地→菟橋神社→すわまへ芭蕉公園→建聖寺→本折日吉神社→多太神社→小松駅

(写真)芭蕉翁の木像が安置されている建聖寺を参拝

IMG_5997多太神社

(写真)多太神社

◇写真提供:愛宕清氏、コメント松林知一氏

 

IWA、参勤ウオークスケジュールアップしました!

IWA、参勤ウオークスケジュールアップしました!

〇IWAスケジュールページ

〇金沢~東京参勤ウオークページ

◎2年ぶりの上田駅、新たな旅立ち

上田00019R-500

(写真)出発式

2019年11月13日に北陸新幹線の上田駅にゴールしてから2年の月日が流れました。今回、ようやく上田駅に戻ってくることができました。

参勤ウオークの15、16日目は11月16日(火)17日(水)、上田駅から小諸を通って軽井沢駅までの区間(約42キロ)で開催されました。2年ぶりの上田駅には会員ら46人が集まり、真田幸村の騎馬像前で檄を飛ばして無事のゴールを祈りました。

上田00016R-500

(写真)真田幸村の騎馬像前

一日目は上田宿から小諸宿までの20キロ。千曲川沿いの北国街道を軽快な足取りで進み、今回の最大の見どころである海野宿に着きました。ここは宿場全体が国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されており、参加者は卯建の上がった家並みにスマホのカメラを向けていました。しかし、2年前の千曲川氾濫の爪痕は残っており、宿場の外側では流出した観光駐車場や橋の復旧工事が続いていました。

上田00033R-500

(写真)海野宿

20211116北国街道m-500東御市

(写真)東御市の北国街道

小諸00042 R-500

(写真)小諸城大手門前

二日目は小諸宿から軽井沢宿までの22キロ。小諸城の大手門で記念撮影してスタートしました。小諸から14キロ先の追分宿までの間に宿場はなく、標高差400メートルの上り坂が延々と続きます。小諸宿を出るまではにぎやかなおしゃべりが続いていましたが、いつの間にか静かになり、参加者は足下だけを見ながら我慢の歩みを続けました。

小諸00051R-500

(写真)小諸宿

標高1,003メートルの標識がある追分宿で中山道に入りました。分去れ碑の前で記念撮影し、ここまで歩いてきた北国街道に別れを告げました。追分宿で昼食を取った後は全員元気な足取りに戻り、ゴールの軽井沢駅には予定より1時間も早く着きました。

小諸00062R-500

(写真)旧北国街道

今回は二日間とも素晴らしい天気に恵まれ、秋の信濃路を満喫しました。特に一日目のゴール、小諸の懐古園は目を見張る紅葉が広がり、城跡を鮮やかな色で包み込んでいました。また二日目は雄大な浅間山を望みながらの旅となり、追分宿に近づくにつれて大きくなっていく山の頂からは噴煙が立ち上っているのも見えました。

追分宿の分去れ20211117 m-500

(写真)旧北国街道と旧中山道の分か去れ

次回の旅は12月8日(水)、高崎駅(群馬県)から本庄駅(埼玉県)までの19日目を日帰りで実施します。

中軽井沢駅20211117 m-500

(写真)中軽井沢駅

□情報、写真提供:大谷勝氏、松林友一氏

 

◎11月例会「卯辰山を歩こう」を開催

211114-1IMG_58770
(写真)浅野川河岸緑地での出発式

石川県ウオーキング協会の11月例会「卯辰山を歩こう」は11月14日(日)、金沢市の浅野川大橋詰め東山河岸緑地を発着点に約10キロのコースで、会員ら80人が参加して開催されました。
今回の会場は周辺に駐車場がなく集まりにくい場所でしたが、コロナ禍もようやく落ち着き先月に続いて開催できた例会に、多くの参加者が受付時間前に来場しました。

211114-2IMG_5880utatu

(写真)汐見坂を上る

この日は曇り空だったものの雨の心配はなく、参加者はストレッチで体をほぐしてスタート。卯辰山ろく寺院群を抜け、最初の難関・汐見坂を全員元気に上り切りました。

211114-3IMG_5882cyuobou

(写真)卯辰山望湖台で

卯辰山工芸工房からは紅葉した木々の間をのんびりと歩き、少しだけ雪化粧した犀川源流の山々を眺めながら奥卯辰山健民公園へ。そこから浅野川まで下り、右岸遊歩道の「医王の道」を散策しながら県青少年総合研修センターを経由してゴールしました。

211114-4IMG_5888senjyu

(写真)千寿閣前で記念撮影

 

211114-5IMG_5893okuutatu

(写真)奥卯辰山健民公園を行く

○コース
東山河岸緑地→卯辰山寺院群→本光寺→潮見坂緑地→金沢卯辰山工芸工房→卯辰山公園線→望湖台→玉兎ヶ丘→千寿閣→睦が丘→奥卯辰山健民公園→若松町→若松橋→医王の道(浅野川右岸遊歩道)→東山河岸緑地

211114-6IMG_5907asanogawa

(写真)ゴールは目前! 梅の橋をくぐる

内灘協会ケジュールアップしました!

内灘協会スケジュールアップしました!

○石川県内のスケジュールページ

●12/5「かほくのまち巡りウオーク」
●1/10「新春ウオーク(金沢市内の神社詣り)」