IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク⑧」開催!その1

190724iwa-1-2-500

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク⑧」開催!その1

◇糸魚川駅→能生→名立(道の駅うみテラス)27キロ – ①

7月23日(水)石川県ウオーキング協会は東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク⑧」JR糸魚川駅において60名の参加者で開催した。
出発式では谷内廸子石川県ウオーキング協会副会長があいさつし、9:00にスタートした。

190724iwa-2

〇糸魚川宿

糸魚川は城下町で、江戸時代は稲葉氏の後に一旦は廃藩となったが、その後有馬氏、本多氏、享保2年(1717)は松平氏1万石の城下町となった。また、加賀本陣(加賀の井酒造)は2016年12月の火災で焼失したが、2018年3月再建された。

■写真は出発式であいさつする谷内副会長

190724iwa-3

■写真は糸魚川駅をスタートする参加者

190724iwa-4

〇相馬御風(ぎょふう)宅

相馬御風宅は昭和27年12月10日、新潟県の史跡として指定されました。御風が日本文学界の発展と良寛研究に尽くした業績を永久に保存するため、家屋を当時の姿のまま残しています。
■写真は相馬御風前の参加者

190724iwa-6

■写真は梶屋敷駅前を通過する参加者

190724iwa-7

190724iwa-8

■写真は久比岐自転車・歩行者道の参加者

190724iwa-9

■写真は能生駐輪場で休憩する参加者

(つづく)